月別アーカイブ: 2014年5月




pop3に10秒間接続できない場合「Deactivating service pop-3 due to excessive incoming connections. Restarting in 10 seconds.」の解決のヒントと方法




投稿日:

ある日、pop3接続不能のアラートが飛んできたので、ログを調べてみたらこんなログを見つけました。

 xinetd[1521]: Deactivating service pop-3 due to excessive incoming connections.  Restarting in 10 seconds.
 xinetd[1521]: Activating service pop-3
 xinetd[1521]: Deactivating service pop-3 due to excessive incoming connections.  Restarting in 10 seconds.

「想定以上のコネクション数があるので、10秒以内にpop3サービスを再起動します。」というようなメッセージです。こちらはログにも出ているように、xinetd サービスで設定している模様です。

xinetd サービスの設定を見てみます。

# vi /etc/xinetd.conf

このcpsの設定が原因でした。

# Define access restriction defaults
        cps             = 50 10
        instances       = 50
        per_source      = 10

cpsの引数として、1番目は1秒間に接続が許可される最大数です。2番目はサービスを再開始する時にxinetdが待機する必要のある時間の秒数となります。

これはデフォルト設定ですが、この場合はxinetdを設定してどのサービスにも毎秒 50 接続以上は許可しません。この限度に到達した場合は、サービスは 10秒だけ停止することになります。対策としては、接続数を減らすか、サーバに余裕があるなら接続数を増やすことです。

【参考】
xinetdの設定ファイル