カテゴリー別アーカイブ: Postfix




Postfixで送信エラー/var/log/maillog の「status=deferred」を詳しく調査する




投稿日:

以下のエラーログがあります。

Sep 11 05:24:09 host1 postfix/smtp[23693]: xxxxxxxxxxxx: to=<a@domain.com>, relay=xxxx.domain.com[xxx.xxx.xxx.xxx]:25, delay=3417, delays=2025/0.02/696/696, dsn=xxxxxx, status=deferred (conversation with xxxxx.xxx.ne.jp[xxx.xxx.xxx.xxx] timed out while sending end of data -- message may be sent more than once)

今回注目は「delay=3417, delays=2025/0.02/696/696,」の箇所です。

delays=a/b/c/d, とあるとき,a,b,c,d はそれぞれ以下を示しています。

a: time before queue manager, including message transmission;
queue に入る前,メッセージが送信されてくるまでの時間
b: time in queue manager
queue に入っている時間
c: connection setup time including DNS,HELO and TLS
接続を確立するのにかかった時間
d: message transmission time.
メッセージの送信にかかった時間

参考 Postfix のログの delays – ~fumi/ChangeLog



英語ですがこちらもわかりやすいです。
参考 Arrdino » Blog Archive » Posfix – Making sense of delays in mail – Linux, life and programming

今回のログは、aの時間が長く遅延していることがわかります。もっと細かくだとこんな風にも書いてありました。
コマンドで、接続することを考えると分かりやすいですね。遅延の原因を確認する助けになります。

Time from the start of the mail transaction (“MAIL FROM:” command
in the case of SMTP) that created the queued message, until the message
enters the active queue (possibly again from the deferred queue).

こちらでは、status=deferredの対応をしたこと書いてます。
Postfixのstatus=deferredを対応した件 | 田舎に住みたいエンジニアの日記

その他の参考 Postfix MTA user discussion