「entry-title がありません」「updated がありません」「author がありません」ウェブマスターツール 構造化データ(hentry)のエラーへの対応策




投稿日:

Googleのウェブマスターツールの検索のデザイン > 構造化データ > hentry(マークアップ: microformats.org) にて、エラーが発生しているのを発見しました。

その内容は、

「entry-title がありません」(エラー: Missing required field “entry-title”.)
「updated がありません」(エラー: Missing required field “updated”.)
「author がありません」(エラー: Missing required hCard “author”. Missing required field “name (fn)”)

構造化エラーが増
という内容です。色々と影響もありそうなので、対策を取ります。


調べてみると、hentryクラスを消すという方法も流行っていますが、海外ではしっかりとマークアップするのが通常対応のようです。タグを付け足すだけなので、消さずにしっかりと対応しましょう。ただしあくまで自己責任で。どの対応もソースに追記する必要があるので、最低限のhtmlの知識は必要です。


■「entry-title がありません」(エラー: Missing required field “entry-title”.) への対策

Classに「entry-title」を追加することで解決します。まずは、single.php(もしくは、index.php)にて「the_title」の記述を探します。


基本的な記述例として以下のようになっています。

<h2 class="single-entry-title"><?php the_title(); ?></h2>

このclassにentry-titleを付け足しましょう。以下のようになります。

<h2 class="single-entry-title entry-title"><?php the_title(); ?></h2>

これで完了。



■「updated がありません」(エラー: Missing required field “updated”.) への対策

Classに「date updated」を付け足すことで解消します。single.phpの中に「entry-date」の記述を探します。



基本的な記述例として以下のようになっています。

<span class=”entry-date”><?php echo get_the_date(); ?></span>

このclassにupdatedを付け足しましょう。以下のようになります。

<span class=”entry-date date updated”><?php echo get_the_date(); ?></span>

これで完了。



■ 「author がありません」(エラー: Missing required hCard “author”. Missing required field “name (fn)”) への対策

対策1:フッターやサイドバーに以下の記述をコピーします。

<span class=”vcard author”><span class=”fn”>by <a href=”https://plus.google.com/YOURPROFILENAME/posts” rel=”author”>YOURNAME</a></span></span>

これは、Google+アカウントの連携を意味します。実施している人も多いのでこの対策で良い場合はこれが一番楽です。


対策2:single.php等で著作IDを探してclassを修正します。「vcard author」や「fn」を追加します。


修正前 こんな感じ。

<span class="theauthor"><?php the_author_posts_link(); ?></span>
or
<span class="theauthor"><?php the_author(); ?></span>



修正後 こんな感じ。

<span class="vcard author">
<span class="fn"><?php the_author_posts_link(); ?></span>
</span>
or
<span class="vcard author">
<span class="fn"><?php the_author(); ?></span>
</span>



wordpressのテーマも今後発表のものは順次対応していくのではないでしょうか?
現在のテーマにこだわるのなら自分で直すのが早いでしょうし、違うものでも良いのであれば、対応したテーマを待つのも手ではないでしょうか?